どこにでもある経験の浅い方向けの外為取引の書籍では、「損が生まれた場面ではナンピンを入れることによって、全体の平均の買い付けコストをコントロールする」等と記述されていますが現実的にはそこには目に見えない落とし穴が隠れています。とりあえず、ナンピン買いのやり方に関して手短に説明しておこう。仮に100円で1ドルを買ったとします。$買いですのでドル高に進むほど利益が大きくなるわけですが不幸にして1ドル95円まで円高・ドル安に推移したとします。そのまま維持し続けたとしたら損がなくなるまでには、損失分円安に動かなければなりません。投資家であれば、損は出来るだけ早く0にしたいと思うでしょう。それを解決するため最初に買ったのと同じ分の$を1ドルを95円で買い増します。すると、ポジションの単価は1ドル=97.50円まで低くすることができる。これで、半分の幅でドル高が進めば、損を回復する事ができます。この流れがナンピン買いのやり方です。このような、ナンピン買いのロジックを理解すると「もっともだ」と考えるが、為替はそう易々と思った通りにはなりません。元々、1ドル95円が下値だということなど予想できません。たとえば、マーケットが相当に強い円高傾向だとしたら1ドル95円では収まることなくさらに一層円高にいくリスクは高いです。たとえば、1ドル97.50円でナンピン買いをした時に、1ドル=95円まで円高ドル安が速んだら、ナンピン買いした分にも、赤字が生じることになってしまうのである。その状況では、初めに買ったドルと全部で二重の差損が生じる事になります。例示したとおり、ナンピン買いは大変です。ならば、為替相場が自身のストーリー展開とは反対にみるみる進んだ場合どんな術でリスクを軽減すればいいのでしょうか。こういう場合には取るべき手段は2つ。まずひとつめは潔く、損失を確定する事です。もうひとりは現在、自分が持っているポジションを縮小することによって再び為替相場が元のようになるのをひたすら待機する事です。主体性のない手法だと思う方もいるkもしれません。けれども、自分の買いポジションに為替差損が生じた時最も効果のある手段はこの2つ以外にはあるはずがありません。ロジックとしてはナンピン買いをする手法も効果的です。だけどナンピン買いは、損失を出しているのに買いポジションを減らすどころか、逆に買いポジションを増やしていく方法である。これでは、リスクを管理することなど、とてもやりようがないと考えたほうがいいです。ナンピン買いをし続ければやがては勝てるかもしれません。だがしかし、そうなる先にお金が無くなってしまいます。